瞬間が映る面白い道楽、在宅菜園をはじめました

乳幼児が幼稚園へ行くようになり、自分のスパンが持てるようになったので、持ち家菜園を始めました。
元々は亡くなった義父がしていた周辺だったのですが、亡くなってから放置されてあり勿体ないなと見なし譲り受けました。
最初は何をすればいいのか分からず、文献を読んだりインターネットで調べたりホームセンターへ通ったりしていました。
次第におんなじ菜園内にチームが出来て”師匠”と呼び込める皆さんに突き当たりました。その方は何でも教えてくれる。
菜園はピークや温度がいとも必須で、植える状態、肥料の状態等が思い切りむずかしいのですが、師匠はそれぞれ丁寧に教えてくれてある。
後、両人の乳幼児を受胎・お産したのですが、その時も休むウンザリ無く僕は大きな胃腸で畑を耕したり、ちっちゃな乳幼児を背負って草むしりをしました。
こんなファッションに師匠は私の一心不乱を感じ取ってくれたようで、家族ほどカテゴリーが違う皆さんですがたえず僕を友達だと大事にしてくれてある。
また子供達と共に畑を耕したり(子供たちは土地レクリエーションですが)、一緒に苗を植え、元凶をまく事で食育に繋がってあり、下手くそだったものが食べられるようになりました。
まだまだケアレスミスも手広く買った方が安くつく事が多いですが、続けていきたい道楽だ。公式サイトはコチラ

おとなもこどももついハマって仕舞う!ジグソーパズル!

娘の入院をきっかけに、ジグソーパズルをするようになりました。
初めは日数つぶしのつもりで、ちびっこの50太平くらいのものをやっていました。
最後の太平をはめたときの歓喜がスリルになり、太平の回数も、100、200、300・・・という増えていきました。
パズルは完成しても、またくずして遊んでいます。
初回は日数がかかっても、何度もやりこなしていくと、絵柄を覚えて、日数を縮減してできるようになります。
達成の歓喜って日数の縮減ができるところが、明るいだ。
最近のパズルは、プラスティックでできたかたい物体や、ステンドグラスのように灯に透かしてきれいな太平、大きい太平からはたしてちっちゃな太平まで様々な階級があります。
オススメは、プラスティックのパズルだ。
昔からよくあるような用紙のタイプは、混合を間違えて取り外すときに、凸の割り当てが痛んだり壊れてしまったりしますが、プラスティックはそういうことがありません。
また、カチッとしたはめスピードが心地よくもあります。
何だかお忙しいといったできないものですが、やり始めると日数を忘れて没頭できるとき。
簡単な物体から難しい物体まで、様々な品種があることも楽しさの一つだ。
お時間のあるら、何かに没頭して不安を忘れたい間、なかなか寝付けない間・・・・パズルを通じてみるのはいかがですか?東京のSMクラブならここ