イクメンってなんなの?まずいるの?といった、考えさせられた一年中

イクメンって諺が出てきたのは以前になるのでしょうか。抱っこひもをつけて赤子をあやす旦那のフィルムが隣に出てきそうな、あのイクメンだ。子育て上げる旦那でイクメンでしたか?妻の人前拡散、給料の増しに伴い、共稼ぎ一家も目立ち、旦那も家族や子育てを分担するようになりました。割り当てと書きましたが、心からそうでしょうか。確かに、実際の作業は(料率は今は差し置くとして)分担しているかもしれません。ですが、割り当てというより「手伝ってます」のセンスの方がまだまだ多いのではないでしょうか。保育園の送迎は圧倒的に女性が多いです。送迎をできるように調整しているからだ。赤ん坊が意気ごみを出して休むのもマミーだ。保育園の招待ののち、赤ん坊の食べ物、お風呂、寝かしつけ、残る家族や明日の供与、講じるしかないですよね。夫人がうちのことをしてるので、旦那さんは安心して仕事ができるのです。なので、うちのことはマミーが大方、旦那さんは一助、あるいは、全く断ち切るという系統ができあがります。それでも、共稼ぎである以上、本当は割り当てくださいよね?夫人が正社員、旦那さんは非常勤であったり、給料も夫人の方が上の周辺も多いですから、「旦那さんがたっぷり勤めるから、ご飯を食べていけてる」という説はなくなります。そのはずなのに、人前の中には依然として、赤ん坊はマミーが見るカタチという風潮があるのです。ですから、家族や養育を「手伝う」男性がいると、ふるってイクメンです!ってはやされます。言葉だけでなく、エースのみでなく、もっと柔軟に組織も人前も旦那の子育てに参加する構造としてほしいだ。それと、父さん輩にも聞いてほしい。赤ん坊の様態やこれからのこと、親子によって、やりたい商売を管轄したり辞めたり。自分で選んだストリートかもしれません。けれども、そうやって一所懸命考えて親子のために選んだ女性を、ぐっと認めていいですよ。商売も大変なのは、知っています。それでも、もしもうちのことや赤ん坊の振舞い、できる個人がいなかったら、考えてくれる個人がいなかったら、商売はできません。そんなこと分かってる。というかたは、たぶん夫人には伝わっていません。ひと度、己といった夫人の土俵を替えれるか真剣に考えたら、思いやりのある個人は見抜くかもしれませんね。これから、親子が、赤ん坊が、マミーが傷つかないように、ベネフィットをもちまして生活してほしいと思った一年中でした。興味のある方はどうぞ